多種外来手術 | おおかわ眼科クリニック | 大阪市西淀川区歌島

多種外来手術

翼状片

涙点プラグ

白目(結膜)が黒目(角膜)にかぶさってくる病気です。充血や違和感の原因になります。 初期であれば経過観察のみですが、進行して瞳孔(角膜中央の光の入り口)近くまで来てしまうと、手術が必要になります。

霰粒腫

眼瞼(まぶた)にこりこりとしたしこりができます。これは眼瞼にあるマイボーム線という脂腺の出口がつまって慢性的な炎症がおきる結果、肉芽腫という腫瘤ができる病気です。通常痛みはありませんが、細菌感染を起こした場合には痛みを伴うことがあります。点眼や塗り薬で小さくなることもありますが、薬の効果がなく目立つ場合には手術によって腫瘤を摘出する必要があります。

眼瞼下垂(眼瞼皮膚弛緩)

上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなる状態を眼瞼下垂といいます。

眼瞼下垂には瞼を上げる筋肉の力が弱くなっている場合と、筋肉の力はあるが、瞼の余剰な皮膚が垂れ下がって邪魔になっている場合の2種類があります。

後者の場合には、余剰な皮膚を切除するだけで症状の改善が得られるため、当院でも手術可能です。
瞼を上げる筋肉の筋力低下が著しく、当院で対処できない場合には他院を紹介させていただきますので、まずは当院へご相談ください。

尚、手術はなるべく傷が目立たず、自然な仕上がりになるように配慮していますが、手術の目的は美容目的ではなく、眼瞼機能回復を目的とした手術になりますこと、ご理解をお願いいたします。

ページの先頭へ