低加入分節型眼内レンズ(保険適応)| おおかわ眼科クリニック | 大阪市西淀川区歌島

低加入分節型眼内レンズ(保険適応)

低加入分節型眼内レンズ(保険適応)

当院では従来の単焦点眼内レンズ以外にも、保険診療で施術が可能な「低加入分節型眼内レンズ(2焦点分節屈折型レンズ)」を取り扱っております。費用については、従来の単焦点眼内レンズと同額の費用負担となります。 当院が取り扱っている「低加入分節型眼内レンズ」は+1.5D加入の低加入度分節型眼内レンズとなります。

低加入分節型眼内レンズの特徴

焦点の合う距離が一定の従来の単焦点眼内レンズよりも見える距離が広く、遠方から中間(約70cm)までの距離が見やすくなります。そのため、眼鏡の使用頻度を減らすことができる可能性があります。メガネが全く必要でなくなるということではなく、手元での作業や新聞・読書など近方(約30cm)を見る際には老眼鏡が必要となる場合があります。

眼内レンズの見える距離のイメージ

「単焦点眼内レンズ」と比較すると鮮明な見え方といった点では劣りますが、日頃の日常生活において運転やスポーツ等、遠方から中間距離(約70㎝まで)といった広い範囲を見たいと言ったライフスタイルを望まれる方が対象となるレンズとなります。また、多焦点レンズと比較すると「コントラスト感度の低下」や「ハロー・グレア」といった副症状ほとんどないという長所もあります。
ただ、瞳孔の小さい方・眼に病気のある方・レーシック手術などを受けている方など、目の状態によっては適応にならない場合がございます。

疑問点がございましたら、医師・スタッフにお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ